勉強

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法からの学び

転職したい、しないに関わらず、雇われている人は、読んだほうがいいと感じました。

多くの人は普段、じつは何も意思決定しないで生きている。君は自分で大学を選び、就職先も自分で選んできたと思っているかもしれない。しかし、それは、ただ単に、これまでレールの上を歩いてきただけで、自分で何も決めていない。電車に乗り、目的地に進んでいく。大学であれば世の中からいいといわれる大学を目指し、就職先も、世間的にいい会社を選んできただけ。だがな、意味のある意思決定というのは必ず、何かを捨てることを伴う。

これを読んだ時、本当に自分は、何も選ばずに生きてきたんだなと思った。ただ、25歳の時、もっと面白い仕事がしたい、もっと面白い人の下で働きたい。できれば、自動的に収入が入るような仕事を学びたいと思い転職しました。その時が初めて、自分で選択したときなんじゃないかと思った。今まで選択した気になっていたけど、与えられた選択肢の中で、一番無難なものを選んできたと思った。でもこれからは、選択肢の中で一番面白そうなもの、選択肢の中で面白そうなものがなければ、新しい選択肢を作り出す人になっていこうと思った。

『転職の思考法』を教えることと、潰れかけの会社を立て直すことには共通の目的がある。働く人が自分に嘘をつかず、正しいことを正しいと言える環境をつくることだ。

ほんとこれ。自分が正しいと思ったことを、正しいと言えない環境は苦しい。自分に対して、家族に対して、友人に対して、同僚に対して、上司に対して、自分が正しいと思ったことを言えない場合、その関係は長続きしない。または、自分の中に閉じこもることがうまくなって、どんどん自分じゃなくなっていく。自分からずれて、他人の正しいを受け入れる人生になってしまう。やっぱり、たとえ自分が間違っていたとしても、自分が正しいと思ったことを、正しいと発言できる環境が、自分はいいな。

もし給料が半分になっても今の仕事を続けますか?と。大半の人は、ノーと答え、転職すると答える。ということはどういうことか。ほとんどの人間は結局、単に金に買われている。そうだろ?」

悲しいけど今の自分はお金に買われている。自分の価値観で、お金は全てではないが、お金は全てに通じていると思っている。だからお金に買われ、お金に縛られているんだと感じている。お金があれば、心理的余裕、時間的余裕が生まれて、さらにお金を稼ぐことが出来る。ただ最近、お金のために働くのではなく、生きるために働くという選択肢も見えてきた。楽しみ。

・to do(コト)に重きをおく人間・・・何をするのか、で物事を考える。明確な夢や目標を持っている。
・being(状態)に重きをおく人間・・・どんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視する。

これには衝撃を受けた。自分はどんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視するタイプの人間だと気づけた。だから、何をするかよりも、どんな状態を目指すのかという視点で、目標を立てるようになった。その中でも重要なのが「大切な人に何かあったとき、すぐに駆けつけられる状態」を目指している。これは、来年の4月までに達成することだ。この本のおかげで、すごく価値観が変わった。ありがたい。

どこまでいっても『心から楽しめること』は見つからない。だが、それでまったく問題ない。それは、何を重視するかという価値観の違いであって、妥協ではないからだ。being型の人間にとって最終的に重要なのは『やりたいこと』より『状態』だからな」

いつもどこかで、やりたいことが見つからない。どこか楽しめない自分がいると感じていたが。ものごとではなく、自分の状態に目を向ければよかったんだと気付かされた。だから、やりたいことがないという状態に焦る必要はない。自分の心が穏やかで、考える余裕のある状態こそが、自分のありたい状態だからだ。

迷ったときに、自分を嫌いにならない選択肢を選ぶこと

自分は自分にしか守れないから、自分を嫌いになる選択はしないこと。他人の人生を生きないこと。自分を好きになる選択肢を選ぶこと。じゃないと生きててもったいないよね。